38歳の誕生日を迎えました.

さらっと38歳の誕生日を迎えた宮本です( ノ゚Д゚)こんばんわ.
FBではたくさんのおめでとうメッセージを頂き本当に感謝です.
皆様ありがとうございます.

と同時に奥さんの理絵さんも37歳の誕生日を迎えました.
夫婦で同じ誕生日.ちょうど1年違いということになります.

といっても盛大にお祝いするわけでもなく,
プレゼントの交換があるわけでもなく,
淡々と,平穏に,一日は過ぎていきます.

今は建築なんでも相談室の成長期.
お客様数の拡大,満足の蓄積,その結果としての売上,利益の拡大.
さらに新分野,大家さんPJへの挑戦.
やりたいこと,やらなくてはいけないことはたくさんあって,
その資金はたくさんない・・・という状態ですので,
お金を使うことは極力控えないといけないと思っています.
使うのはいつでもできる.お金がいっぱい出来たらいっぱい使いたいと思います.
今はSAVINGが大事です.それを楽しみたいと思います.


さて話は変わって昨日は日曜日でしたが,
午前中に工事を行いました.
北九州市小倉北区魚町にて エアコン設置工事です.


理絵さんが怪我で戦線離脱中ですので,また写真が不揃いですが,
↓壁にエアコン用のブラケットという金物を取り付けて,
室外機を設置したところです.



あまり伝わらないですけど,室外機を高いところに設置するのは大変です.

重い.
脚立の安定性・バランス.
持ち上げるのが危ない.
もし落としたりしたら最悪.

というリスクがあるので,今回は助っ人の作業員の方に来てもらいました.
男2人で作業したので,危なげなく作業は進行しました.
よかったです・・・(^▽^)


↓さらにあまり伝わらないですが,
これは真空引きという工程です.脚立の上に乗っているのが真空ポンプ.

 

 



室内機と室外機を結ぶ冷媒管の中の空気を抜いて真空状態にします.
そのあとで室外機のなかに入っている冷媒(フロンガスR410A)を冷媒管の
なかに開放します.
冷媒ガスに空気が交じると熱交換の効率が落ちるので大事な工程です.

もっと大事なのは,冷媒の継手部分からのガス漏れをしないように
正確に施工することです.
この継手は全部で4箇所.絶対に漏らさないように慎重に作業して,
漏れがないかの確認もしました.

水道工事同様神経を使う工事です.
ちょっとしたことで漏れが発生するので入念にチャックしなくてはなりません.

そんなこんなで炎天下でのエアコン工事を終えて,
けっこうふらふらに疲れまして,
近くの「よりみち市」という月イチのイベントに行ってみました.

そこには九州工業大学の学生さんで作っているTOBATA3ringsという学生団体の
3人がかき氷のお店を出していました.

 

 



彼らは学生でありながらも,リノベーションスクールの運営事務局をやっていますし,
本当にしっかりした若者達です.
自分の学生時代と比べると本当に優秀です.

建築設計を専門にしている彼らが,よりみち市にかき氷の店を出店している
という点も素晴らしいですね.
設計者もデザインだけやっていればよかった時代はもう終わったと思います.
設計者が,集客や運営のスキームなど「商売人」の感覚がなければ
この先仕事は減る一方だと思います.

それは僕たち施工側にも同じことが言えます.
これまでの施工業者は,設計者とかお客様が言われたとおりに工事をする
存在でした(大雑把に言えば)
今後はそうではなくて,
施工の上流にある設計,コンセプト,マーケティング,収益モデルといったことから,
施工の下流にある運営,メンテナンス,出口戦略といったところまで
見通しての施工ができなければと思います.
尚且つリーズナブルな価格で.

そんなことを改めて思う誕生日でした.
それでは皆様おやすみなさいヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
(それはまだ早いか.)

☆相棒Rieさんのブログもm( __ __ )m
 
 
☆ホームページもヾ(*`Д´*)"彡
 

 

☆Twitterも絶賛つぶやき中です!宮本善高でふぉろみー!
☆Facebookも絶賛いいね中です?宮本善高で検索!

 

 

 

 
みなさま押して
くらさいm( __ __ )m

 

 

 

 


 
北九州市のリフォーム・リノベーションは
ぜひ建築なんでも相談室に!