複層フローリング と 単層フローリング

今日は専門家らしいところをみせちゃうぞ!なんつって,
フローリングの知識を書きます.

他にも専門的に書いてあるサイトもあるのでそちらの方が詳しく書いてある
と思いますが,実務的な視点でフローリングのことを書いてみます.

まず大きく分けて複層フローリングと単層フローリングがあります.
大昔は単層しかなかったと思います.

単層フローリングは,いわゆる無垢材というもので,1枚板の床材です.

様々な樹種があり,その特徴をストレートに反映しています.
硬さ,木目,耐摩耗性,伸縮,反り/曲がりなど,その樹種の特徴が出ます.
表面も木そのものですので,そのままの状態でコーヒーなどこぼすと大変なシミに
なります.ですので,着色してクリア塗装をしたり,ワックスをかけたりして表面を保護する
のが一般的です.

建築なんでも相談室では,杉の15ミリのフローリングをおすすめしています.
↓は弊社で制作した色見本です.

無垢のフロアー材は,一般的に1坪(畳2枚)で,10000円以上するものがほとんどですが,
この杉のフロアはかなりリーズナブルにお届けできます.
弊社施工の「古民家リノベーション」「収納すっきりリフォーム」「ヨガスタジオ hug a tree」様の
床はこの材料を使用しています.

弱点としては杉の性質である「やわらかさ」です.
肌に触れる感触は最高ですが,どうしてもキズがついてしまいます.
ですので,キズを「味わい」と思っていただける方にしかお勧めできません.
ちなみに私は,「キズ大いに結構」と思っているタイプです.
自分の家なら迷わず無垢を使うと思います.

 

次に,複層フローリングは図のように,合板の上に表面材が貼ってあるものです.


これは,単層フローリングの弱点を補完するものとして生まれたのでは
ないかと思います.
つまり,キズや吸い込みに強く,曲がりや反りもなく品質が安定していて,
クレームが少ないといった長所があります.
これはお客様のニーズでもありますが,結構工務店のニーズだったりする
のではないかと思っています.

しかしながら便利な材料であることは間違いないので,
こちらを選ばれる方も大変多いです.むしろ多数派ですね.

そして最近では,椅子などキャスターのキズにも強く,ワックスもかけなくてよい
という高性能なものも多く出ています.

建築なんでも相談室では↓の丸玉産業さんの複層フローリングをおすすめしています.
高性能,純国産,そして価格もリーズナブルで,高級感もあり,
いい仕事してますね!と褒めたくなる材料です.
これは,建材屋さんの作田さんが紹介してくださって,
以来,大変気に入っているフロアです.

「子供部屋増築工事」ではこのフロアを使いました.

 

という感じでちょっと書いてみました.

どちらも一長一短ありまして,TPOに合わせて選ぶわけですが,
白川ビルリノベーションでは,僕は悩みに悩んで,

複層フローリング

を選びました!
デザイナーとしては無垢を貼りたい,
しかし賃貸物件で原状回復が難しい無垢を使うことは,
長期的に見てオーナーさんの負担になると思い,
無難な選択をしました.

誰もがびっくりするような回答を導き出したい!といつも思っていますが,
リスクも考え合わせて,
やはり無難な選択肢を選ぶこともよくあります.

全てはお客様の課題解決のために.
自分のエゴで選択しないように気をつけています.

なんつって.

それでは皆様おやすみなさいヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

☆相棒Rieさんのブログもm( __ __ )m
 
 
☆ホームページもヾ(*`Д´*)"彡
 

 

☆Twitterも絶賛つぶやき中です!宮本善高でふぉろみー!
☆Facebookも絶賛いいね中です?宮本善高で検索!

 

 

 

 
みなさま押して
くらさいm( __ __ )m

 

 

北九州市のリフォーム・リノベーションは
ぜひ建築なんでも相談室に!